アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
宅配買取 ***word-2*** ***word-3*** ***word-4*** ***word-5*** ***word-6*** ***word-7*** ***word-8*** ***word-9***

 

上記の数字は、「閲覧訪問者数」です。上段は今日の「閲覧訪問者数」、中段は昨日の「閲覧訪問者数」、最下段は「トータル閲覧訪問者数」です。

 

 

 「BANDOW  TAROW AWARDS  PART 2 

  坂東太郎 アワード パート2  実施中

 

        T-085つくばみらい市

 

詳細は最下段参照(なお合併等で T-090 欠番

              栃木県塩谷郡藤原町

 

 

 

 

 

 

 

 

下段に掘り出し物! 表記に注意

 

 なお、順次価格を上げていきます。

 

 

 DX תקשורת עם גל אנטנה עומד על ידי האכלה כבל קואקסיאלי

 

「JA7CIS=JI1XGA独自同軸共振器式定在波型アンテナ

 仮称 XGAアンテナ

 

 

(給電同軸ケーブルを共振させ)同軸ケーブルをANTエレメント化している「定在波型アンテナ」→EU圏.VK.W.DU等DX交信可能! 

 

                Dummy load

  

 XGAアンテナ <> ダミーロード

 

 

 同軸ケーブル定在波アンテナ型XGAアンテナ

 

CONSTANT STANDING WAVES COAXIAL ANTENN

Cable tips To Pipes made of Copper Earth MUST.

 

Fed by coaxial cable transmission line element of translation  給電同軸ケーブル=伝送路(共振器)でANTENNAとしてエレメント化

 

「JA7CIS=JI1XGA独自同軸共振器式定在波型アンテナ

仮称 XGAアンテナ

 

8D SFB-NL  同軸ケーブル共振器式  定在波型アンテナ

 

独自のアンテナでDX交信→ 0mH~可能 非常識ANT

 

 

また給電同軸ケーブルの伝送路入力側で極性±反転(変換)して変形アイソトロン(Isotron)ANTとしても運用可能

 

 

*******************************************************************************

 

掘り出し物! 注意 注意 注意

なお、順次価格を上げていきます。

 

 

◎ 下段の№1~№11物品を希望される方でかつ当局の自宅まで直接軽トラ車両でお越しいただける「局長」様限定

                                  *乗用車傷つきを回避のため

 

注記:おだやかな全体交渉成立時には、№6のLEADER LMV-181A AC MILLIVOLTMETERの代わりに、DCミリボルトメーター(MODELーPM18C) に変更可能

 

 

  №8のコリンズ   AMELCO INC 35064-PC-62 U.S.  20Kg超 重量品、ジャンクです。

       115/230VAC 48~62HZ 220W

       RECEIVER RADIO R-390A/URR                  PTOユニット交換済み

       メカニカルフィルタは2/4/8/16khzの

     計4本を標準装備

 

(固定用)HF無線機「異なるメーカー:SUGIYAMA850+TS930V」のもの2台ジャンク品(改造あり)、ジャンク品「オシロスコープ」、クランプリークメータCLM-40HB完動品ケースあり

 

 

  当局あてメールで相談(当局希望値合計17万円)ください。なお、「一括引き受け」者で早い者優先です。但し、

 交渉状況で場合により無線機からフェルター(中古品1個でも7,000円~9,000円以上になります。・・・無線機1台2

 ~3個で2台分で約6~7万円となります。コリンズのメカニカルフィルタは2/4/8/16khzの4本を

 標準装備分を含めると約10万円)を取り外しての→(当局希望値合計17万円)とします。

 

  値段交渉の折り合いがつかなければ、次の方(先着メールを寄せていただいた局長の順)になりますので、ご了承

 くだい。

 

 

ご希望により上記表示内容の他

12Vバッテリー追加(数種類)、MLAアンテナ材料(HF実運用に使用したもの:DX)、各種真空管、AC入力100Vで各種DC電圧同時供給用電源(フアン付)、他

 

 

決まり次第、この表示を削除いたします。なお、順次価格を上げていきます。

2018.02.27

 

 

 

メールアドレス xa53827@sk2.so-net.ne.jp

 

**************************************************************************************

 

 

(JI1XGA 50W 移動無線局開設)

移動局免許年月日:H28年「2016.10.13」

        免許有効       H33年「2021.10.12

                           R  3年

 

JI1XGA 固定100W局 免許年月日:H29.03.24

                         免許有効       H34.「2022.03.23」

                                                      R  4

 

JI1XGA 固定200W局 免許年月日:R  2.03.02

            免許有効 :R  4.03.23

 

 

第一級アマチュア無線技士免許取得

 

三日坊主の当局が困難を乗り越えながら受験した「第一級アマチュア無線技士国家試験」の「2016.08.29付合格」通知書が「2016.08.30」本日配達されました。本日さっそく免許申請書を郵送いたしました。

 CW交信並びに受験に際し、アドバイスしていただきました各位に感謝申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。

 

追記

第一級アマチュア無線技士・無線従事者免許証2016.09.13付」が「2016.09.16」配達され、受領いたしました。

 

 10月13日付け1エリア無線移動局免許状を10月15日受領:JI1XGAのコールで移動局開局(陸上・海上・航空)しました。

 なお、QSLカードは「JI1XGA」宛てにお願いいたします。

 

◎「JI1XGA」のQSO記録「無線日記等」は、「JA7CISホームページ」中に表示「2016.10.16以降」でHF帯QSOのみの内容を閲覧できるようにいたしました。

 

 

「第一級アマチュア無線技士国家試験受験記
                                     
                                   2016年8月30日 JA7CIS 倉本道德

 今69歳の無銭家。高一で「電話級アマチュア無線技士:現四級アマチュア無線技士」取得、短大→就職→大学編入
学→就職と目まぐるしく転々とし、かろうじて合間に移動運用等しましたが、職務に追われて無線運用どころでなくなりました。
 次第に運用の機会も少なくなりましたが、局免を切らさず更新手続きを継続してきました。職場の仲間とともに、
「第三級アマチュア無線技士」免許を取得しました。その仲間は、すぐさま上級の資格を取得しましたが自分に甘い私
はそのまま年を重ねてリタイアとなりました。
 リタイヤして数年無線運用しておりましたところ、幸いにも近くのMLウエーブハムクラブ「クラブ局名JQ1YZD」
メンバーに入れさせていただきました。数年後クラブメンバーの「JA1QKW」局にCW電信を強くすすめられたことか
ら、CWの勉強をはじめました。もっとも避けてきたCWの勉強を始めることになったのです。CWが理解できず、かた
くなに拒み続けてきたCW電信を・・・国内外局とのCW交信をつづけていると、苦痛がいつしか楽しみになり交信のほ
とんどがCW交信になっておりました。
 より遠くの局と交信したいと思うようになりましたが、エベレスト級の壁を越えなければならない第一級アマチュア
無線技士国家試験受験については、「夢物語り」であると何度もあたまをよぎりました。
 いつしか年が「日めくり暦」のように過ぎ去り、69歳となる2016年になりました。人生このまま何もせず終わって
しまうのではないか、ボケが始まっている今が腰を上げる最後の機会ではないかと自分を奮い立たせて受験の決意をし
ました。
 2月中旬から勉強を始めました。「無線工学」で使用する対数がまったくわからず、第一の難関にあたりました。高
等学校の授業ではまったくわからないまま卒業いたしました。自分の人生で使用することがないと思いその後も勉強はしませんでした。「対数」、「デシベルdB」、電圧・電力増幅倍率等が理解出来ないと、試験問題の7問(7×5点=35点)くらい点が取れなくなります。「150点満点の105点合格」での35点は非常に大切な点となります。この部分だけに一月半ほどかかりました。
 ようやく計算問題に取り掛かれると思ったら、今度は、「インピーダンス、リアクタンス、コンダクタンス、アドミタンス、ジーメンス、虚数計算、論理回路と結果計算、PLL回路、バイポラトランジスタ、ユニポーラトランジスタ、交直直並列共振回路計算、電界強度計算、アンテナ電力計算・同電圧計算、給電同軸電圧計算、最高使用可能周波数・最適使用周波数、臨界周波数、交信可能送信受信局間距離計算、時定数、時間差、最大値、実効値、平均値、波形率、帰還増幅器計算、各種アンテナ利得計算、位相計算、LPF/HPF、電力束密度計算、電界・磁界」等、たてつづけに理

解不能の壁・・・壁々でした。
 ただただ過去問題を何度となく繰り返し解く毎日が続きました。受験までの残り時間が半分以下になったので、後半は「無線法規」を重点に過去問題を繰り返し毎日勉強しました。二級の過去問題も終了させました。
 途中で数度あきらめかけました。「三日坊主」の私がここまでやてきたのだから、最後までやり遂げ結果が不合各だったら今年の12月期国家試験を受けようと思いました。
 試験当日の午前「法規」で、午後は「無線工学」でした。午前中のショックで、お昼ご飯を食べず無線工学の復習を行いました。試験中見直しをやりましたが、欲で目がくらみ・・・見直しをしないほうが結果として得点を得られた。
 試験場を後にする際、「落ちた・・・」と思いました。最も困難と思われた論理回路等数々の問題に時間をかけてきたため、その問題なら即座に答えを出せると思っていたのに、重点を置いた問題が出題されませんでした。時間を掛けてこなかったものが出題されたのです。さらに「法規」についても、構成文全体が関係法令・法規・規則だと思い込んでいたため、構成文途中の「中抜け」があると誤りではないかと勘違いしました。また構成文そのものの順序を変更しているので、間違いではないかと迷いました。「思考停止」・・・「落ちた・・・」疲労感に襲われ帰宅。持ち帰った問題文を見る元気がでません。
 翌朝、納得がいかない。今までの勉強は何だったのかと思い、過去問題を参考に今回の設問を解くと「無線工学」、「法規」共に合格圏に入っている。しかし、自己採点であるので安心できない。
 8月17日「CQ企画情報」の「8月期第一級アマチュア無線技士国家試験受験問題の解答」が示されたので照合する
と、「無線工学139点」、「法規121点」であることが判明しました。CWの勉強をしていなければ「法規」不合格で
した。
 
そして・・・。「2016.08.30」本日ついに通知が配達されました。「マークシートへの誤記」が頭をよぎりまし
た。通知書を開けて目に飛び込んだ文字が「合格」でした。「2016.08.29合格」でした。本日30日、さっそく従事
者免許申請書を郵送致しました。


 CW交信のお相手をいただきました各位様、大変お世話になりました。おかげさまで「法規」試験における点数を確保でき、本日30日合格通知書を受け取ることができました。感謝申し上げます。

 

以上第一級アマチュア無線技士国家試験受験記でした。」

 

 

 

**JQ1YZD=MLウェーブクラブのBBSもあわせて閲覧ください。

(リンク先は、最下段にあります。)

 

 

 ここは「 JA7CIS HP中 」の「ホーム」項目ページです。

 

 

*「 無線日記等 」側の情報を閲覧される場合:「最下段側月日の古い方から月日の新しい方向」に閲覧いただくと各種実験および交信状況がご理解いただけるものと思います。

*ただし、この「 ホーム 」項目側閲覧は、上から順次下へ閲覧ください。   

 

「 ホーム 」項目および「 各無線日記等 」項目ならびにこのページ下方の写真「(個別写真及びスライドショー等可能) 」を閲覧ください。

 

 なお、このデータは、私と交信をしてくださった局の承諾がないままに掲載してあります。もし不快に思われるようでしたらご一報下さい、削除いたします。

 

 

 

 移動局(陸・海・空)

「JA7CIS」の局免更新受領済みです。(平成34年6月26日まで有効)

                                                            2022年

                      令和  4年6月26日まで有効

 

 

 

◎この下が写真スライドショー部分です。写真がスライドしないときは< >のマークをクリックください。

 

日々のアンテナ実験及び移動運用等の写真です。なお、一部ローカル局から譲渡を受けたアンテナが含まれております。譲渡を受けた後、当局なりに改造しておりますので、ここに明記させていただきます。

 

スライド写真枚数が多量ですので、お茶でも飲みながらご覧ください。なお「必要な画面」は、止めてご覧ください。

 

*2017.05.22 PM~

定在波型アンテナの同軸ケーブルは、(TOYO 8DSFB-NL 15m)に変更

MY ANT IS 15 m length 8D SFB-NL coaxial cable CONSTANT STANDING WAVES COAXIAL ANTENNA HIGHER GROUND 0MH-3MH  ANTENNA TUNER ON THE OUTPUT SIDE TO COAXIAL FELTER MUST.

Cable tips To Pipes made of Copper Earth MUST.

仮称 XGAアンテナ

 

 

 注記(混乱ご注意:陳謝)

◎ホームページ中Earth Stick ANT(「50CM保安用アース棒使用」アース棒アンテナ)とアルミ板ANTなどと称しているのは、自分で詳細を区別するために使用している用語です。ともにアンテナに見立てた給電同軸ケーブルの先端を開放状態にしている。:定在波型アンテナ「定在波型ANT?:給電同軸ケーブルに定在波を積極的に載せ(給電同軸ケーブルを共振させ)同軸ケーブルをANTエレメント化しているつもりです。」(勘違い ?)で、ぼ同等の性能が感じられます。

 

***~2020.03.06までのQSO分、QSLカード送付済

 

 

 

 リバースビーコン(  国内外へのCW信号到達状況 )

 https://www.reversebeacon.net/dxsd1/dxsd1.php?f=0&c=JI1XGA&t=dx 

 

◎逆ビーコンネットワーク (世界への信号伝達状況等)

http://www.reversebeacon.net/main.php

 

 

◎最新イオノグラム(日本国内 4観測所同時表示:稚内・国分寺・山川・沖縄) 

https://wdc.nict.go.jp/ionog/ionogram/nowpng/allsite.html

 

◎その他参考情報:過去数日の電離層等の計測値等

https://wdc.nict.go.jp/IONO/oblver/index.html

 

当局のMAG-LOOPオーストラリア講演で紹介された映像 https://www.youtube.com/watch?v=oXc1oIbjXzw  

 

 

 「BANDOW TAROW P2 AWARDS 」

  坂東太郎 アワード パート2  実施中

 

        T-085つくばみらい市

 

 

 

*******************************************************************************

 

掘り出し物! 注意 注意 注意

 

 

◎ 下段の№1~№11物品を希望される方でかつ当局の自宅まで直接軽トラ車両でお越しいただける「局長」様限定

                                  *乗用車傷つきを回避のため

注記:おだやかな全体交渉成立時には、№6のLEADER LMV-181A AC MILLIVOLTMETERの代わりに、DCミリボルトメーター(MODELーPM18C) に変更可能

 

 

  №8のコリンズ   AMELCO INC 35064-PC-62 U.S.  20Kg超 重量品、ジャンクです。

       115/230VAC 48~62HZ 220W

       RECEIVER RADIO R-390A/URR       PTOユニット交換済み

       メカニカルフィルタは2/4/8/16khzの

     計4本を標準装備

 

(固定用)HF無線機「異なるメーカー:SUGIYAMA850+TS930V」のもの2台ジャンク品(改造あり)、ジャンク品「オシロスコープ」、クランプリークメータCLM-40HB完動品ケースあり

 

 

  当局あてメールで相談(当局希望値合計17万円)ください。なお、「一括引き受け」者で早い者優先です。但し、

 交渉状況で場合により無線機からフェルター(中古品1個でも7,000円~9,000円以上になります。・・・無線機1台2

 ~3個で2台分で約6~7万円となります。コリンズのメカニカルフィルタは2/4/8/16khzの4本を

 標準装備分を含めると約10万円)を取り外しての→(当局希望値合計17万円)とします。

 

  値段交渉の折り合いがつかなければ、次の方(先着メールを寄せていただいた局長の順)になりますので、ご了承

 くだい。

 

 

 

ご希望により上記表示内容の他

12Vバッテリー追加(数種類)、MLAアンテナ材料(HF実運用に使用したもの:DX)、各種真空管、AC入力100Vで各種DC電圧同時供給用電源(フアン付)、他

 

 

 

決まり次第、この表示を削除いたします。なお、順次価格を上げます。

2018.02.27

 

 

 

メールアドレス xa53827@sk2.so-net.ne.jp

 

**************************************************************************************

 

 

№1   MINI PAC 110

  AUTO MATICVOLTAGE REGULATOR

  YAMABISHI ELECTRIC CO.LTD  山菱

 

中古現状渡し

 

AC変動入力自動的に安定AC電圧にする。

LED表示

 

 

№2   Sinwa SM-108AT NOISE GENERATOR

       中古 ノイズジェネレータ

 

   通信機器調整用(送信機扱い

 

  現状渡し

№3   ALINCO ELH-730D  付属品なし 中古汚れあり

        UHF ALL MODE TX-RX AMPLIFIER

        430MHZ 1~3W入力で出力30W(PP) M型

 

№4   AMECO PREAMPLIFIER MODEL PT-2

        1.8MHZ~54MHZ 117VAC 中古 汚れあり

           送・受信状態  緑色・赤色のLED表示

   

   現状渡し

№5   SOAR FC-882A 8桁7セグメントLED記憶表示

    10HZ~550MHZ

        MULTIFUNCTION COUNTER  中古 汚れあり

   

   現状渡し

 

№6   LEADER LMV-181A AC MILLIVOLTMETER

       中古 汚れあり 現状渡し

 

 

注記:おだやかな全体交渉成立時には、№6のLEADER LMV-181A AC MILLIVOLTMETERの代わりに、DCミリボルトメーター(MODELーPM18C) に変更可能

 

№7   U.H.F IMPULSE GENERATOR MODEL IG-

  102

        SERIAL №257 EMPIRE DEVICES INC.

       中古 汚れあり メータガラス破損 現状渡し

 

№8   コリンズ AMELCO INC   35064-PC-62 U.S.

       115/230VAC 48~62HZ 220W

       RECEIVER RADIO R-390A/URR

              PTOユニット交換済み

       メカニカルフィルタは2/4/8/16khzの

     計4本

   バンド切換、ダイアル回転ギア機構重厚頑丈

 

  改造あり 一部回線変更 汚れあり ジャンク品

  「重量物につき搬送時等要注意」 20Kg以上

   

  

 

  技術者:ジョイント1~2か所で受信可能?要調整

                                  追加改造部品多数個所あり

                                                                              「局発」PTOユニット交換済み

 

1 PTO及びBFO監視用出力部(BNCコネクター)追加等改造部あり

2 機器内部の部品取り後、シャック内「展示用」としても価値あり

3 ギヤ機構を使用したANTチューナのチューニングに使用可

4 お手持ちの同機補修用部品に!

5 他

   

 

№9   ハンドセット 二個 4P用(異種コネクター)

  ハンドセット?呼称不詳

  

      中古 汚れあり 現状渡し

 

№10  CIR DL-F1 M.Fab 3330a 付 CH33L

         Nコネクター (オス メス)

    MBvN9018oK

         中古

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                       

 

 

 

№11

 

クランプリークメータCLM-40HB完動品ケースあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                            

 

 

以上   以上   以上

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::

 

「磁界型スモール・ループ」MLAアンテナ 全周長400cm(内側L260cm)使用中のANT給電部に「2013.10.13」1:1バラン50オームを取り付けました。

 

 

◎当局のMag-LOOP Antenna or MLAアンテナ(LOOP外周400CMヤッコ型MLAバーチカル仕切り有)がYouTube39分余の動画中にアップされました。下記Presentationの中で紹介されています。「VK6TY」局、「VK6MST」局の各局MLA及び当局の上記写真MLA

 タイトル:Tuning a Magnetic Loop Antenna Using an Arduino-controlled Vacuum Variable Capacitor-Dennis Brown

 January 2014 By Lee Thopson.Denis Brown Presentation for Linux Conference Australia

 https://www.youtube.com/watch?v=oXc1oIbjXzw

 

 

◎ 日々の交信データは、「当局HPの無線日記等」項目に掲載してあります。なお、その他ANT実験(遊び)についても同HP内にあります。

 

◎ QRZ.COMの当局ページ「JA7CISおよびJI1XGAについても閲覧願います。

 

 

 

1 実験のMLAは、全周長400cm(内側L260cm)の磁界型スモール・ループANTです。「この使用中のANT

   給電部に1:1バラン50オームを2013.10.13取り付けました。」

2 全周長400cmのアルミ材は、幅3cm厚さ2mmのものです。これを楕円にしたのは車両積載の為です。

  楕円外側LOOPのみの状態で同調VC(大VC:1040P)を入れると、低いSWR値を示すのは7MHZと14MHZ

 です。

3 楕円形の中の仕切り(バーチカル)は、外側のLOOPにネジ止めされている。  

4 アルミ材で中仕切り(バーチカル)を入れることにより、現在実験使用中のANTは、3.5MHZ~29MHZま

 でカバーしています。   

5 2本の中仕切り(バーチカル)についてですが、形状として外側LOOP(楕円形)が内LOOPの二辺を構成

 している。これで内側四辺LOOPとして動作させている。(私見) 

6 「以前円形LOOPで全バンドカバー化をめざしましたMLAは、同調困難と高いSWR値でした。」ので、その

 失敗を考慮、また400cmアルミ材を切断したくなかった為、次のようにいたしました。「SWR値を下げハ

 イバンドに同調させるため、2本の中仕切り(バーチカル)をビニール線で実験したところ全バンドをカバー

 できた。そこでビニール線のところをアルミ材(外側LOOP材と同じものです。)に交換取り付けました。    

7 SWR値を下げるため、給電部を二系統にしてスナップ・スイッチを取り付けて切り換えている。

8 給電部二系統は、「7・21MHZ用」と「3.5・14・18・24・28・29MHZ用」として切り換えて使用して

 いる。 

9 SWR値は、1.0~(最悪環境変化時)1.4です。ANTアナライザーで監視しながら手元コントローラで同調

 をとります。当局は、ATUをスルーしている。

10 18MHZ以上は大VCの1040Pマイナス側を高電圧型スナップ・スイッチで「切断側」にする。大VC1040P

  の浮遊要領が数10Pあるので、ハイバンドでの同調時障害となる。

11 18MHZ以上は、小VCの35P(13.8V電動モータ駆動)と中VCの手動50Pをシリーズ接続で使用する。又 

  18MHZは前のままでぎりぎり動作する。しかし、14MHZ以下では、各VCをパラ接続にする。

12 100円帯磁石をLOOPに取り付けている。「430MHZバンドで使用効果が認められたため使用。」(写真参

  照:黒く見える部分に取り付けた。)

13 直径127cm円形LOOPのMLA製作時、1個の給電LOOPだけで3.5~29MHZまで同調させることは困難で

 した。また、SWR値が低下せず、ATU等が必要な状態でした。単バンドでは、SWR値1.0となるが、ほかの

 バンドでSWR値が1.5を超えてしまう。なお、このような状態でも7・21MHZで自宅室内からアメリカ・オー

 ストラリア等と交信できました。しかしながら、車両積載時円LOOPが大きく、車両に傷をつけました。      

14 実験で400cmMLAのVC両極(+-)に水晶の塊を取り付けると、同調位置が変化するがSWR値は低下す

 る。この状態で交信出来ました。ただし、送受信性能が向上したのかどうかふめいです。(測定器なし) 

15 100円帯磁石を取り付けての実験では、Sが1~2程度上がったとのレポートでした。

16 このMLAは、地上高を確保出来ないときに垂直LOOPで使用したほうが良いレポートでした。

17 MLA同調部POWERメータは、ダイオードの検波電流でメータの針を振らせている。また、4W蛍光管を併

 せて取り付け「キャリア確認と危害防止」している。これは直接MLAの同調回路等に接続しておりません。 

 

 

*****************************************************

 

 

アンテナ実験最重要事項

 

can operate with 100 w

 

給電同軸ケーブルに対する「各種障害回避対策」の逆方式型(定在波型)ANT

 

 

下記実験にはCOAXIAL FELTER MUST:同軸FELTER必須

 

 MY ANT IS CONSTANT STANDING WAVES COAXIAL ANTENNA HIGHER GROUND 0M-3MH ES ES ANTENNA TUNER ON THE OUTPUT SIDE TO COAXIAL FELTER MUST

 

 

Earnestly homey wars should be translated

くれぐれもごちゅういください。(Felter)必須

 

 

ANTENNA TUNER On the output side to coax felter

アンテナチューナ―出力側に同軸フェルター(Felter)が必須です。

 

 

 MY ANT IS CONSTANT STANDING WAVES COAXIAL ANTENNA HIGHER GROUND 0m-3mH COAXIAL CABLE CORE LIN TO Grounding rod

 

 

 私のアンテナは定在波型アンテナ「給電同軸ケーブルアンテナ」です。(先端芯線をアース棒または地面に置いたアルミ板等に接続しています。)

 「同軸インピーダンスを強制的に変化させて給電同軸ケーブルあみ線上へ定在波を発生させている。」DX交信可能・・・ただし、以下にご注意ください。↓

 

 

ANTENNA TUNER On the output side to coax felter

アンテナチューナ―出力側に同軸フェルターが必須

 

 アンテナチューナの後部に同軸RFC?(TVブラウン管偏向ヨーク用コアに同軸を正巻き8回逆巻き8回巻いたもの:Felter)を入れた後、所要長の同軸を接続すれば、RIG等の筐体への高周波電圧によるRIG破損やビリビリ感及びインターフォンIなど各種障害がなくなります。

 

JA7CIS = J I 1 X G A アンテナ遊び 日々変更(失敗の連続)そしてDX交信へ・・・

 

   最  重  要    ( 厳 守 対 策 事 項 )

 

上が実験運用上の各種障害対策「基本構成図」です。

 

なお、アルミ板の代わりにアース棒(2017.06.06現在3.5MHZ~50MHZで運用中)等の金属でも可能です。

 

 この基本構成方式の(給電同軸ケーブル共振させアンテナエレメント化)給電同軸ケーブル定在波型(各種対策実施)アンテナによる交信状況報告:仮称 XGAアンテナ

 

 2017.06.20現在多数のDX局にお相手をいただいております。感謝!

 

 

*************************************

 アルミ板ANT実験報告は下段URLからPDF表示内容を閲覧ください。hhttp://jq1yzd.web.fc2.com/jyohofile/arumi.pdfttps://jq1yzd.web.fc2.com/jyohofile/arumi.p

 

 

 

 

 

地上高ゼロメートルアルミ板アンテナ実験報告
                                                                                                                      
                                                                                                2011/10/01 文責: JA7CIS
    現在マルチバンド対応可能な「地上高ゼロメートルアルミ板アンテナ」の実験に取り組んでいます。実験の途中ではありますが、これまでの実験状況を一旦取り纏め今後の実験継続に役立てたいと思います。


1 このアンテナに取組むきっかけ
    HF帯のワイヤーANTを複数張れるほどの敷地に恵まれず、住宅地域の諸般の事情によりANTを広く展張できなかったこと。メーカ製マルチバンドANTを購入できるほどの経済力もなかったため、住宅地域でも周囲に気づかれずにHFオールバンドで使用でき、移動運用にも使用可能な(ステルスANT)の製作に迫られて実験を始めたものです


2 実験アルミ板アンテナの基本構成(アルミ板またはアース棒「地面に差し込んだアース棒」でも可能)

    実験アルミ板アンテナの基本構成図は、下段(参照図)参照または上段基本構成参照

 

MY ANT IS CONSTANT STANDING WAVES COAXIAL ANTENNA HIGHER GROUND 0m-3mH COAXIAL CABLE CORE LIN TO Grounding rod

 

 諸氏の給電同軸ケーブルに対する「各種障害回避対策」の逆方式(給電同軸ケーブル共振させアンテナエレメント化)型アンテナ:給電同軸ケーブル使用「定在波型アンテナ」としてDX交信しています。

 

 私のアンテナは(給電同軸ケーブルを共振させ)同軸ケーブルをANTエレメント化する定在波型アンテナ「給電同軸ケーブルアンテナ」です。(給電同軸ケーブル先端芯線をアース棒または地面に置いたアルミ板等の金属に接続しています。)

 「同軸インピーダンスを強制的に変化させて給電同軸ケーブルあみ線上へ定在波を発生させている。」DX交信可能・・・ただし、以下にご注意ください。↓

 

 

ANTENNA TUNER On the output side to coax felter

アンテナチューナ―出力側に同軸フェルターが必要

 

 アンテナチューナの後部に同軸RFC?(TVブラウン管偏向ヨーク用コアに同軸を正巻き8回逆巻き8回巻いたもの:Felter)を入れた後、所要長の同軸を接続すれば、高周波電圧によるピリピリ感及び各種障害がなくなります。

 


3 基本構成品と接続方法
(1) 同軸Coaxial Cable ケーブル
  ① 5D-FB同軸ケーブル10m または 20m
(2) アルミ板の大きさ、厚さ
  ① 大きさ 45 x 90cm または 45 x 180cm(45 x 90cmの2枚蝶番連結)
  ② 厚さ 1mm
(3) 同軸Coaxial Cable ケーブルの接続方法
  ① アンテナチューナーへの接続について
    5D-FB同軸ケーブルのコネクタをアンテナチューナー背部同軸接続端子に差し込み固定する。        
  ② アルミ板への接続について
    5D-FB同軸ケーブル芯線のみをアルミ板に接続する。(芯線に5cm長程度の撚り線を半田付けし

   、反対側にカシメつきワッシャを取り付け、これをアルミ板にねじ止めする。)
  ③ 同軸ケーブルのコネクタ部及び同軸ケーブル編み線部の取り扱いについて
       同軸ケーブルの編み線部には、何も取り付けず、また何処にも接触させないようにビニールテープで

   巻いて絶縁処置をする。
4 設置形態と注意事項
(1) アルミ板の設置等は、次のとおりです。
      ① ビニール等で包み防水処理、感電防止対策をする。(地面等との直流的影響を排除する。:非必

          須)
      ② 地面に対して水平設置とする。地表面は次の環境で設置できます。
        ア 芝生面
        イ アスファルト面
        ウ コンクリート面
        エ 土面(各種計測器での計測時におけるアルミ板の設置面は自宅庭の地面 )   
(2) 同軸Coaxial Cable ケーブルの取り回し方法と地上高について
      ① 地上高ゼロメートルで路面を蛇行等しているような取り回しでのQSO状況
      ② アルミ板一枚での計測時及び同自宅での運用時の同軸ケーブルの取り回し地上高について
    手元のアンテナチューナーは、自宅二階にあり、地上高約3mです。ここから地面のアルミ板まで

          同軸

   ケーブルを降ろしてやり、同軸の芯線をアルミ板に接続しています。

(3) 接続方法及びコモン対策
      ① 無線機とアンテナチューナーの接続について
        コモン対策、無線機保護のため接続同軸ケーブルにパッチンコアを二個以上入れる。
  ② その他の障害防止対策について
   ア 「無線機・アンテナチューナー・直流電源」の匡体(ボデイシャ―シ―)から太めのアース線で

           直近

           の地面にアース棒でアースをとります。その際、アースライン途中に円形コアを入れ、アース線を

          12 回以上巻くとともに、念のためそこにパッチンコアを一個入れます。
   イ 車両による移動運用時に新たなアースを地面に対しとる必要はないようですが、車両内の無線機

          及びアンテナチューナーの匡体(ボデイシャ―シ―)から太めのアース線で車体にクリップすると

          良いでしょう。
4) その他の注意点・・・Felter必須(Felterをいれないと各種障害が出ます。)
           使用バンドにより、高周波で若干ピリピリ感がでますので、送信中はなるべく匡体部分およびアル

        ミ板には触れないでください。

    アンテナチューナの後部に同軸RFC(ブラウン管TVコアに同軸を正巻き8回逆巻き8回巻いた

        もの:Felter)を入れた後、使用同軸を接続すれば、ピリピリ感がなくなります。     
5 実験結果(参考:無線日記等の項目中のJI1XGAに、「アルミ板」に代わりアース棒使用実験を掲載)
       実験結果は、使用するアルミ板の大きさ、地表面の状況、地表からの距離および使用する同軸ケーブ

    ル長等により大きく変動すると考えられるため、いろいろな実験を試みました。
      ケーブルの長さを10mの場合、20mの場合、および、アルミ板の大きの大きさ(45cmx90cm)の

    場合と、丁番で繋ぎ長さを2倍にした延長アルミ板(45cmx180cm)の場合等です。

  自宅等での実験(QSO)の結果では、あとで実験した、同軸ケーブル(5D-FB)10mで延長アルミ板

  (45cmx180cm)の場合が良い結果が得られました。
  いろいろ試行錯誤をしながら実験したため、まだ、充分なデーターの採取と比較検討をしていないと

   ころがありますので、今後さらに実験と測定等をして行きたいと考えています。

 


  


「実験資料-1」 使用アルミ板(45cmx90cm)  同軸Coaxial Cable ケーブル5D-FB 10m
        (11.1.18~11.2.17)QSO状況
「実験資料-2」 使用アルミ板(45cmx180cm)  同軸Coaxial Cable ケーブル5D-FB 10m
        DX交信状況 (11.3.4~11.9.20)QSO状況
「実験資料-3」 使用アルミ板(45cmx180cm)  同軸Coaxial Cable ケーブル5D-FB 10m
         国内交信状況 (11.3.4~11.9.20)QSO状況
「実験資料-4」 使用アルミ板(45cmx90cm)    同軸Coaxial Cable ケーブル5D-FB 20m
         降雪時(11.2.15)実験QSO状況
                          降雪時以外(11.2.15を除く 11.1.18~11.2.19)QSO状況
「実験資料-5」 使用アルミ板(45cmx90cm)    同軸Coaxial Cable ケーブル5D-FB10 m5D
                         - FB20m アナライザー測定データー


6 所感と今後の課題
    こんなものがアンテナになるか? 実用になるか? など日々試行錯誤の連続です。実験QSOをするなかでも多くの方にご指摘、ご指導を頂きました。 

現段階で、ある程度のQSO実績も出来ましたので、資料を纏めてみることにしました。


 今後は次の事項を中心に取り組んでいきたいと考えております。
(1)上述の実験結果をもとにして、「アルミ板二枚を直列に丁番で接続した45× 180cmサイズの

      アンテナを中心に、実験データーの取得と実験QSOを継続 
(2)地面から20cm程度の高さにアルミ板を置いた場合の実験QSO
(3)アルミ板包装材の美観配慮(平成26年時点で包装材不必要が判明:現在素材そのまま地面置き
(4)同軸Coaxial Cable ケーブルの張り方とQSOデーターの関係

 

 

7 参考事項:OM諸氏にご指摘等を受けた事項
(1) 「ダミーロードであり、アンテナでない。」
(2) 地面の上に置いたアルミ板から電波は出ていない。(同様のご指摘多数有
(3) アルミ板のサイズが短いのでエレメントになりえない。したがって、アルミ板から電波

   は出ない。
(4) アルミ板の代わりにアース棒を打てばいいのではないか。アルミ板を使う必要はない
(5) 電波が弱い。QRP局以下だ。アンテナを捨てろ

 
 

8 添付写真
    :アルミ板2枚分 45x180cm
    :アルミ板1枚 45x90
     : 移動運用テスト中
     : アルミ板2枚分 45x180cm
     : 常置場所設置状況
     : 自宅テスト中
     : 基本サイズのアルミ板を丁番で繋いで45x180cmにしたところ。移動時の運搬の簡便を図りました。
     : アルミ板との簡易接続
    :クリップでダイレクト接続
    :コンデンサーにより直流分離(環境により必要時取り付ける:構成上コンデンサーは必須でありません
    但し、あくまでもテスト運用時のことである。長期使用時にはネジ止め等により同軸芯線を確実に接続し同軸  (Coaxial Cable あみ線側(-)を隔離絶縁する


     : 居住場所運用状況
       同軸Coaxial Cable ケーブルは、2階のシャックから庭まで伸びて植木鉢下のアルミ板に接続されています。

 

 

実験資料-1 使用アルミ板(45cmx90cm)      同軸Coaxial Cable ケーブル5D-FB 10m
      QSO状況(出力25w:2011.1.18~同2.17)・・・エリア地域別に表示
(1) 黒色の数値は、自宅でのQSO数状況を表示しています。
(2) 朱色数値(下段)は、茨城県つくばみらい市内小貝川岡堰駐車場で同一のアルミ

       板アンテナによるQSOの状況です。

 

3.5MHZ     1地域 2地域 3地域 4地域 5地域 6地域 7地域 8地域 9地域 0地域
                    42      22       8        13       2                    8        1                    5
                      4        1       1
7.0MHZ     1地域 2地域 3地域 4地域 5地域 6地域 7地域 8地域 9地域 0地域
                      8      1         1        3         2                    9        1
                      1      1         5        2         3         1         3        2
なお、21MHZ等のQSOは、未実施です。

 

 

実験資料-2 使用アルミ板(45cmx180cm)        同軸Coaxial Cable ケーブル5D-FB 10m
                    自宅 DX交信状況(11.3.4~11.9.20)出力25w~40w
                

            DX国名等                          コール                                       周波数                QSO回数
1 EU ヨーロッパ(クロアチア)     9A9A                                   21MHZ               3
2 西マレーシア                                9M4LHN                             21MHZ               1
3 東マレーシア                                9M6YBG                             21MHZ               1
4 フィリッピン                                DU1UGZ                             21MHZ               1
5 フィリッピン                                DU1LC                                21MHZ               1
6 フィリッピン・マニラ                    DU1HBC                             18MHZ               1
7 フィリッピン。マニラ                    DU1HBC                             21MHZ               1
8 フィリッピン・マニラ                    DX1DBT                             21MHZ               1
9 フィリッピン・ミンダナオ島           JI1FGX/DU9                 21MHZ               1
10 フィリッピン                               DV1JM                                21MHZ               1
11 グアム                                        KH2/K6WP                       21MHZ               1
12 グアム                                        WH2DX                                21MHZ               2
13 マリアナ諸島・サイパン島             AH0BT                                21MHZ               1
14 北マリアナ諸島・テニアン島          AH0J                                    21MHZ                1
15 北マリアナ諸島・テニアン島          NH0J                                    21MHZ                1
16 マリアナ諸島                               NH2B/KH0                       21MHZ               1
17 韓国                                           HL2DC                                21MHZ               1
18 韓国                                           DT0DWAC                          21MHZ               1
19 韓国                                           DS1ECY                                7MHZ               1
20 韓国                                           DS1ECY                             21MHZ               1
21 香港                                           VR2XMT                             18MHZ               4
22 香港                                           VR2XMT                             21MHZ               1
23 香港                                           VR2XMT                             28MHZ               1
24 中国                                           BD2QH                                21MHZ               1
25 中国                                           BISLSI                             21MHZ               1
26 中国                                           BY3CQ                                21MHZ               1
27 中国                                           BY5AC                                21MHZ               1
28 中国                                           BD4KYA                             21MHZ               1
29 中国                                           BD4TZ                                21MHZ               1
30 中国                                           BD4WN                                21MHZ               1
31 中国                                           B7P/7                                21MHZ               1
32 中国                                           BG2ACE                             21MHZ               1
33 中国                                           BY6LY                                21MHZ               2
34 中国                                           BY6LY                                28MHZ               1
35 中国・上海                                  BG4ACE                             21MHZ               2
36 台湾                                           BV100                                21MHZ               9
37 台湾                                           BW2/JE1IJL                 21MHZ               6
38 インドネシア                              YB5AC                                 21MHZ               1
39 インドネシア                              YB0BCU                              21MHZ               1
40 インドネシア                              YC1LA                                 21MHZ               1
41 オーストラリア                           VK0IR                                 21MHZ               2
42 アジア圏ロシア                           RZ9UI                                 21MHZ               1
43 アジア圏ロシア                           RC0F                                       7MHZ               1
44 アジア圏ロシア・ハバロフスク      RA0CGY                              21MHZ               1
45 アジア圏ロシア                           RA0FUA                                 7MHZ               1
46 ドイツ連邦                                 DR2PX                                 21MHZ               1
47 アメリカ合衆国                           K6XX                                       7MHZ               1
48 アメリカ合衆国                           N6SS                                       7MHZ               1

 

 

実験資料-3 使用アルミ板(45cmx180cm)            同軸Coaxial Cable ケーブル5D-FB 10m
                    自宅 国内交信状況 (11.3.4~11.9.20)QSO状況  出力25w~40w
(1) QSO総数と頂いたレポート                                                         632
(2) 3.5MHZで59+                                                                           10
(3) 3.5MHZで59+10db                                                                  6
(4) 3.5MHZで59+20db                                                                  7
(5) 7MHZ で59+                                                                                9
(6) 7MHZ で59+10db                                                                    3
(7) 7MHZ で59+20db                                                                    8
(8) 7MHZ で59+30db                                                                    2
(9) 18MHZで59+                                                                               3
(10) 21MHZで59+                                                                              7
(11) 21MHZで59+10db                                                                  1
(12) 21MHZで59+20db                                                                  2
(13) 21MHZで59+30db                                                                  3
(14) 29MHZで59+20db                                                                  1
(15) 3.5MHZ~29MHZまでの59以下                                                570

 

 

実験資料-4 使用アルミ板(45cmx90cm)              同軸Coaxial Cable ケーブル5D-FB 20m
                    降雪時(11.2.15)実験QSO状況 25W
                    降雪時以外(11.2.15を除く 11.1.18~11.2.19)QSO状況
(1) 降雪(積雪下5cm:アルミ板が雪に埋もれている)状態でのQSO状況 (11.2.15自宅)
      ① 埼玉県加須市 7MHZ 当局RS 48
      ② 埼玉県大黒郡寄居町 7MHZ 当局RS 59
      ③ 福島県福島市 7MHZ 当局RS 59
(2) 降雪時以外の状態でのQSO状況(11.2.15を除く11.1.18~11.2.19)
      ① 千葉県流山 3.5MHZ 当局RS 59+10db
      ② 京都・西京区 3.5MHZ 当局RS 59+10db
      ③ 愛知県岡崎市 3.5MHZ 当局RS 59及び59+10db
      ④ 西多摩郡瑞穂町 3.5MHZ 当局RS 59+20db
      ⑤ 上記以外の地域で41~59(3.5MHZ及び7MHZにて)北海道河東郡/

        青森県三戸郡/佐賀県等含む

 

 

実験資料-5 使用アルミ板(45cmx90cm)              同軸Coaxial Cable ケーブル5D-FB 10m/20m

                    アナライザー測定データー

   アンテナ計測については、以下の環境及び条件下で実施しました。
(1) 計測対象アンテナ(①及び②の接続状態)
      ① 45×90cm厚さ1mmのアルミニューム板1枚
      ② 5D-FB同軸ケーブル10mおよび20mもののそれぞれ個別接続での計測
(2) 計測器接続箇所(計測点)
          アンテナチューナーの無線機側接続端子部分にて以下の数値を計測)
(3) 計測器
      ① MFJ HF/VHF SWR ANALYZER: MODEL MFJ-259B
      ② アンテナチューナー : アルインコ(EDX-1)手動式
(4) 計測対象アルミ板及び同軸ケーブルの位置関係
      ① アルミ板をビニールに包み庭の土上に水平置き
      ② 同軸Coaxial Cable ケーブルを手元のアンテナチューナー(屋内約3mの高さ)に接続

       の上その同軸を自庭屋外のアルミ板に接続(余分同軸Coaxial Cable ケーブルは、地面  上に延長) 
  ③ 計測時の天候: 天候晴れ
      ④ 5D-FB同軸Coaxial Cable ケーブル10mのものを上段に黒色で表示しました。
      ⑤ 5D-FB同軸Coaxial Cable ケーブル20mのものを下段に朱色で表示しました。
      ⑥ 各計測時の周波数MHZを左に表示しました。
      ⑦ 「スル―時抵抗」のスル―とは、アンテナチューナーのチューニングなしの状態のことです。
      ⑧ 「チューニング時」とは、アンテナチューナーのチューニング操作をした状態のことです。
      ⑨ Rとは、アンテナアナライザー表示のR値を表します。
      ⑩ Xとは、アンテナアナライザー表示のX値を表します。
      ⑪ SWRとは、「スル―時」において、アンテナアナライザーでのSWRです。なお、アンテナチューナ

    ーによるチューニング時のSWRは、それぞれ運用に支障ない程度の値になりましたので省略します。
      ⑫ 水色表示は、各計測時の項目を表します。
 

周波数MHZ          (スル―時抵抗)                                           SWR
1.800                             70Ω                  1             67                    25.0
                                      26                     2             26                    18.6
1.900                             64                     1             64                    25.0
                                      23                     2             23                    17.2
3.500                             22                     6             22                      8.1
                                      23                     3             25                     10.5
3.540                             21                     6             21                       8.4
                                      27                     3             27                     10.5
3.600                             20                     5             20                       8.8
                                      29                     3             29                      10.5
3.700                             18                     5             18                        9.6
                                      33                     4             33                      10.5
3.800                             16                     4             16                      10.0
                                      38                     4             38                      10.5
 

周波数MHZ           (スル―時抵抗)                                            SWR
7.000                             52                     5             52                      11.7
                                      32                     6             32                        8.6
7.050                             54                     4             54                      11.7
                                      30                     6             30                        8.4
7.100                             56                     5             56                       11.7
                                      28                     7             28                         8.1
7.200                             60                     5             60                       11.7
                                      24                     7             24                         7.5
14.000                           18                   16               7                         3.3
                                      20                   14             17                         3.8
14.100                           18                   16               9                         3.2
                                      24                   12             22                         4.5
14.200                           19                   17             11                         3.1
                                      23                   13             26                         4.4
14.300                           20                   18             13                         3.0
                                      32                   15             29                         4.3
18.000                         137                 137             46                         3.0
                                      38                   21             31                         3.3
18.145                         148                 148             22                         2.9
                                      33                   20             27                         3.3
18.200                         152                 152               0                         2.9
                                      32                   20             26                         3.3
21.000                           67                   39             67                         3.8
                                    100                   49             85                         4.1
21.200                           61                   32             61                         4.0
                                    106                   88           106                         4.1
21.450                           54                   24             54                         4.2
                                     200                 196            64                         4.6
24.900                            20                  17             17                         3.3
                                       14                  14               0                         3.5
25.000                            25                  17             19                         3.3
                                       13                  13               0                         3.5
28.000                          100                205             47                         3.9
                                       90                  38             79                         4.0
29.000                            58                  75             82                         3.3
                                       29                  16             25                         3.7
29.800                            42                  43             53                         2.8
                                       17                  17               0                         3.0

 

 

9 ☆☆ 更新資料 (2011/12/05現在)☆☆
    アルミ板ANTによるDX開始 平成23年3月4日~平成23年12月5日現在までの状況(一部再掲)


   地上高ゼロメートル給電ゼロメートルアルミ板(45×90㎝板2枚直列接続)水平置きANT出力25w~40w


              DX国名等                               コール                                 周波数                     QSO回数

 

      1 EU ヨーロッパ(クロアチア)       9A9A                                21MHZ                         3

      2 EU ヨーロッパ(クロアチア)       9A9A                                28MHZ                         1

      3 EU ヨーロッパ(デンマーク)       OZ6RM                             21MHZ                         1

      4 EU ヨーロッパ(ドイツ連邦)       DR2PX                              21MHZ                         1

      5 ベラルーシ                                   EU6AF                               28MHZ                         1

      6 ヨーロッパ圏ロシア                       R3AA                                 28MHZ                         1

      7 ヨーロッパ圏ロシア                       RL3A                                  28MHZ                        1

      8 アメリカ合衆国                             K6XX                                     7MHZ                        1

      9 アメリカ合衆国                             N6SS                                     7MHZ                        1

   10 アメリカ合衆国                             W6VA                                 18MHZ                        1

   11 アメリカ合衆国                             W6WL                                 28MHZ                        1

   12 アメリカ合衆国                             KR4NYM                             21MHZ                        1

   13 アメリカ合衆国                             W1WYY/7                          21MHZ                        1

   14 アメリカ合衆国                             N6A                                    21MHZ                        1

   15 アメリカ合衆国                             WN6K                                 28MHZ                        1

   16 アメリカ合衆国                             W7AT                                 28MHZ                        1

   17 アメリカ合衆国                             W7QR                                 28MHZ                        1

   18 アラスカ                                      NL7J                               28MHZ                        1

   19 カナダ                                         VX5RY                                28MHZ                        1

   20 カナダ                                         VR7OM                               28MHZ                        1

   21 南米(ウルグアイ)                          CX5BW                               28MHZ                        1

   22 南米(ウルグアイ)                          CX6DZ                                28MHZ                        1

   23 南米(チリ)                                   CE5BW                               28MHZ                        1

   24 南米(アルゼンチン)                       LW6DG                               28MHZ                        1

   25 オーストラリア                             VK0IR                                21MHZ                         2

   26 オーストラリア                             VK3ATA                              21MHZ                        1

   27 オーストラリア                             VK4SDD                              28MHZ                        1

   28 オーストラリア                             VK4MIA                              28MHZ                        1

   29 オーストラリア                             VK4FXAC                            21MHZ                        1

   30 オーストラリア                             VK4KW                               21MHZ                        1

   31 オーストラリア                             VK8AL                                21MHZ                        1

   32 西マレーシア                                9M4LHN                             21MHZ                        1

   33 西マレーシア                                9M2IDJ                              28MHZ                        1

   34 西マレーシア                                9W2VVH                            28MHZ                        1

   35 東マレーシア                                9M6YBG                             21MHZ                        3

   36 東マレーシア                                9M6AH                               21MHZ                        1
   37 東マレーシア                                9M8Z                                  21MHZ                        2

   38 東マレーシア                                9M6TAN                             21MHZ                        1
   39 東マレーシア                                9M6YBG                             28MHZ                        1

   40 タイ国                                         HS0ZIN                              21MHZ                        1
   41 カンボジア                                   XU7AAA                             21MHZ                        1

   42 カンボジア                                   XU7NPC                             21MHZ                        1
   43 カンボジア                                   XU7SSB                             21MHZ                         7

   44 パキスタン                                   BD5BMV/AS1                    21MHZ                        1
   45 フィリッピン・マニラ                    DU1HBC                            18MHZ                        1

   46 フィリッピン。マニラ                    DU1HBC                            21MHZ                         6
   47 フィリッピン                                DU1UGZ                            21MHZ                        1

   48 フィリッピン                                DU1JI                                21MHZ                        1
   49 フィリッピン                                DU1LC                               21MHZ                        1

   50 フィリッピン・マニラ                    DX1DBT                            21MHZ                        1
   51 フィリッピン・ミンダナオ島           JI1FGX/DU9                     21MHZ                         4

   52 フィリッピン・ミンダナオ島           DW8BWU                          21MHZ                        1
   53 フィリッピン・ミンダナオ島           DW8BSU                           21MHZ                        1

   54 フィリッピン                                DV1JM                               21MHZ                       1
   55 グアム                                         NY8A/KH2                        18MHZ                       1
   56 グアム                                         NY8A/KH2                        21MHZ                       1

   57 グアム                                         WH2W                               21MHZ                       1
   58 グアム                                         WH2X                                21MHZ                       1
   59 グアム                                         AC2AI/KH2                       21MHZ                       1
   60 グアム                                         W3JH/KH2                        21MHZ                        2

   61 グアム                                         KH2/K6WP                        21MHZ                       1
   62 グアム                                         WH2DX                              21MHZ                       2
   63 グアム                                         KB7OBU/KH2                    21MHZ                       1

   64 マリアナ諸島・サイパン島              AH0BT                               21MHZ                       1
   65 マリアナ諸島・サイパン島              KH0/JA1LPH                     21MHZ                       1
   66 マリアナ諸島・サイパン島              EH0KT                               28MHZ                       1

   67 マリアナ諸島・テニアン島              AH0J                                 21MHZ                       2
   68 マリアナ諸島・テニアン島              NH0J                                 21MHZ                       1
   69 マリアナ諸島                                NH2B/KH0                        21MHZ                       1
   70 マリアナ諸島・テニアン島              AH0J                                 28MHZ                       2
   71 パラオ                                         T88CR                               21MHZ                       2
   72 韓国                                            DS1ECY                                7MHZ                       1
   73 韓国                                            DS1ECY                             21MHZ                       1
   74 韓国                                            DS3HWS                            21MHZ                      1
   75 韓国                                            DT0DWAC                          21MHZ                      1
   76 韓国                                            HL2DC                                21MHZ                      1
   77 韓国                                            HL2AIL                               21MHZ                      1
   78 香港                                            VR2XMT                              18MHZ                     4
   79 香港                                            VR2XMT                              21MHZ                     2
   80 香港                                            VR2XMT                              28MHZ                     1
   81 中国                                            BD2VFR                                  7MHZ                    1
   82 中国                                            BD2VFR                               21MHZ                    1
   83 中国                                            BD2QH                                21MHZ                    1
   84 中国                                            BISLSI                                21MHZ                     1
   85 中国                                            BY3CQ                                 21MHZ                    1
   86 中国                                            BY5AC                                 21MHZ                    1
   87 中国                                            BT4HTO                               21MHZ                    1
   88 中国                                            BD4KYA                               21MHZ                    1
   89 中国                                            BD4TZ                                 21MHZ                     1
   90 中国                                            BD4WN                                21MHZ                    1
   91 中国                                            BD5FFK                                21MHZ                    1
   92 中国                                            BY2CD                                 21MHZ                     1
   93 中国                                            B7P/7                                  21MHZ                     1
   94 中国                                            BG2ACE                               21MHZ                     1
   95 中国                                            BY6LY                                 21MHZ                     3
   96 中国・上海                                   BG4ACE                               21MHZ                     6
   97 中国                                            BA5CJ/5                              21MHZ                     1
   98 中国                                            BA7ND/5                             21MHZ                     1
   99 中国                                            BG2BLM                               21MHZ                     1
100 中国                                            BD6AHU                              28MHZ                      1
101 中国                                            BY4QA                                 28MHZ                     1
102 中国                                            BD6IQD                               28MHZ                     1
103 中国                                            BD6JJX                                28MHZ                     1
104 中国                                            BY6LY                                  28MHZ                     4
105 台湾                                            BN100                                 21MHZ                     1
106 台湾                                            BW2/JE1IJL                        21MHZ                  33
107 台湾                                            BX5AA                                 21MHZ                     4
108 台湾                                            BV100                                 21MHZ                  10
109 台湾                                            BV100                                 24MHZ                     1
110 台湾                                            BV100                                 28MHZ                     4
111 台湾                                            BV1EL                                 28MHZ                      1
112 台湾                                            BN100                                 28MHZ                     1
113 台湾                                            BX100                                 28MHZ                     2
114 台湾                                            BX5AA                                 28MHZ                     3
115 台湾                                            BV2DQ                                28MHZ                     1
116 インドネシア                                YB26SEAG                          18MHZ                     1
117 インドネシア                                YE2R                                   21MHZ                     1
118 インドネシア                                YB2TJV                               21MHZ                     1
119 インドネシア                                YB26SEAG                          21MHZ                     1
120 インドネシア                                YB5AC                                21MHZ                     1
121 インドネシア                                YB0BCU                              21MHZ                     1
122 インドネシア                                YC1LA                                 21MHZ                    1
123 インドネシア                                YB7SKM                              21MHZ                    1
124 ミッドウェイ                                K4KW                                  21MHZ                    1
125 アジア圏ロシア                             RC0F                                      7MHZ                    1
126 アジア圏ロシア                             RA0FUA                                 7MHZ                    1
127 アジア圏ロシア                             UA0SR                                18MHZ                    1
128 アジア圏ロシア                             RZ9UI                                 21MHZ                    1
129 アジア圏ロシア・ハバロフスク        RA0CGY                              21MHZ                    3
130 アジア圏ロシア (カムチャツカ)    RU0ZM                                24MHZ                    2
131 アジア圏ロシア                             RN0JJ                                  28MHZ                   2
132 アジア圏ロシア                             RK0AB                                 28MHZ                   1

 

 

10   アルミ板ANTによるDX開始 平成23年3月4日~平成23年12月5日現在までの状況
    ◎アルミ板ANT(45×90㎝2枚蝶番による直列接続の45×180㎝)QRP4wのQSO


                   DX国名等                         コール                   周波数            QSO回数
1 マリアナ諸島・サイパン島                  AH0BT                 21MHZ             3

2 パラオ 共和国                                   T88GO                 21MHZ             1

3 パラオ 共和国コロール                       T88IK                  21MHZ             1

 

    アルミ板ANT(45×90㎝2枚蝶番による直列接続の45×180㎝)QRP2wのQSO

1 マリアナ諸島・サイパン島                  EH0KT                 28MHZ             1

 

 

11(特記事項 )

 グランドレベルANT(ゼロメートル)

(地上高ゼロm3枚アルミ板ANT:45×280cm)実験QSO状況

 

3枚アルミ板河川水投入実験QSOは、次の3局のみです。(2013.01.18茨城県取手市小貝川河川)

JS1RBK/1         7MHZ       59/59(当局)

JA2LKC            7MHZ                 59/59(当局)

JE1KWD         3.5MHZ       59/57(当局)

 

 

12 地面置きアルミ板ANT等変化の状況は次のとおりです。

 

2011.01.18~アルミ板1枚/自宅で25w/移動時15w/運用同軸5D-FBケーブル10m~20m

2011.03.04~アルミ板2枚/自宅で25w/移動時15w/運用同軸5D-FBケーブル10m~20m

2011.07.09~アルミ板2枚/直流安定化電源により自宅で40w/移動時15w/運用同軸5D-FBケーブル10m

2012.09.16~同軸ケーブルを10mから15mの5D-SFAに変更

2012.10.24~アルミ板2枚/中国製発々900w使用で移動時40W

2012.12.29~アルミ板3枚で45×280cmANT使用開始

2014    現在時 ホンダ発々900Wで移動時50W

 

13 当局RSレポート59+10db未満及び同程度の重複局並びに関東圏を除くバンド別状況は次のとおり。

(3.5MHZ)

JA2FGP                20:11              +20/+10db(当局)        津市

JA4DMD     22:24     +30/+20db(当局)      倉敷市

JG0PFO     21:23     +20/+20db(当局)      十日町市

JA0BCZ     22:51     +20/+10db(当局)      長野県

JA0ASO     21:50     +20/+10db(当局)      長野県

JE2BSJ     22:23     +20/+10db(当局)      本巣市

JN4UCA     00:09     +20/+10db(当局)      高梁市

JF2RJP     20:49     +20/+10db(当局)      海津市

JA2LWO     20:59     +30/+15db(当局)      名古屋

JR0DIL     18:48     +20/+10db(当局)      松本市

JA0FS      00:25     +40/+20db(当局)      福井市

JA0BCZ     22:50     +20/+10db(当局)      長野県

JA2PMJ     22:46      59/+20db(当局)      岡崎市

JH3BFO     20:02     +20/+10db(当局)      京都市

 

(7MHZ)

JO7PRW     14:25     +20/+20db(当局)      福島

JQ3DAE     16:18      59/+40db(当局)      福知山市

HL1CBH     23:05     +20/+15db(当局)      韓国

JG2MQZ     08:58     +20/+20db(当局)      鈴鹿市

JA9IH      15:24     +20/+25db(当局)      金沢市

JH5AVM     18:59     +20/+20db(当局)      阿南市

 

(21MHZ)

BG4ACE     11:52      53/+10db(当局)      上海

JH8NRU     12:52      57/+20db(当局)      岩見沢市

JM6EXB     17:25     +20/+10db(当局)      熊本県

JA3GSM     08:49     +40/+30db(当局)      大阪府

JA6ITH/6     08:42      59/+10db(当局)      出水市

JA6KTY     10:25      57/+20db(当局)      福岡市

 

(29MHZ)

JA7FHY/6     11:50      53/+60db(当局)      沖縄県豊見城市

 

 

14 DX交信は、ヨーロッパ圏・北米・南米・東南アジア等です。RS59+10dbの上海以外はこれを

  超えるものはありません。

   

   

 15上記掲載内容のうちDX交信についての追加情報

① アルミ板2枚 によるDX交信(2012.12.6~2013.3.28)

 

  VK2XT・・・・21MHZ

  W6AFA・・・・21MHZ

 

②アルミ板3枚 によるDX交信(2012.12.29~2013.3.28)

 「2012.9.16から5D-SFA15mを2012.12.29から3枚板の(45cmx280cm)サイズを使用しており、さらに

   良い結果がえられております。」特に3.5MHZの受信(入感)が他バンドより良好です。

 

  VK2XT・・・・・・   7MHZ

  KH0/JN3MXT・・ 7MHZ

  KH2/K2IO・・・ 18MHZ

  DU1HBC・・・・・21MHZ

  DU2US・・・・・・21MHZ

  9M6JC・・・・・・21MHZ

  YC8GZP・・・・・21MHZ

  YE5PQM・・・・・21MHZ 

 

 

 

参照図

2 実験アルミ板アンテナの基本構成図(上記本文中に表示出来なかったのでここに表示いたしました。)

 

                  

簡易接続時の同軸芯線からの接続状況(ショ-トに注意)

同軸芯線から50Pパラでアルミ板に接続した状況 必要時

1枚アルミ板での移動運用

2枚アルミ板接続設定の説明

2枚アルミ板での自宅運用設定

2枚アルミ板の自宅運用時飛散防止対策(重し)

2枚アルミ板での移動運用

3枚アルミ板での移動運用

移動先での運用(自車周囲に同軸を回してAL板に接続)

ホームページ閲覧ありがとうございます。今後も何度となく閲覧お願いいたします。

 

「無線日記等」も閲覧いただければ幸いです。

 

**************************************************

 

上方に各種アンテナおよび移動運用等の詳細スライド写真がございますので、あわせて閲覧お願いいたします。

 

 写真にマウスポインターを持っていきクリックしていただくと「一枚一枚個別に拡大(説明入り)」された状態で閲覧可能です。また、拡大された写真の左右表示マークをマウスポインターでクリックしていただくと、個別写真がご覧いただけます。

 なお、同写真下段右側表示の三角マークにマウスポインターをあててクリックしていただくと、写真等をスライドショーでご覧いただけます。また、同所の×印をクリックしていただくと、写真閲覧状態が終了出来ます。

 

最後までご覧いただき、「各種実験等での失敗」を踏み台に皆様のさらなる「ハムライフ」をエンジョイされることを希望いたします。

 

 ありがとうございました。次回当局ホームページ閲覧時グーグル等で「JA7CIS」と入力して検索していただくと閲覧可能です。

 

**************************************************************************************
**************************************************************************************
 

 

                 Dummy load

  

 XGAアンテナ <> ダミーロード

 

 

 

 

 

*2017.05.22  PM~「5Dケーブル」を「8Dケーブル」に変更

定在波型アンテナの同軸ケーブルは、(TOYO 8D SFB-NL 15m)に変更

 

MY ANT IS 15 m length 8D SFB-NL coaxial cable CONSTANT STANDING WAVES COAXIAL ANTENNA HIGHER GROUND 0MH-3MH  ANTENNA TUNER ON THE OUTPUT SIDE TO COAXIAL FELTER MUST.

 

Fed by coaxial cable transmission line element of translation  給電同軸ケーブル伝送路のエレメント化 

仮称 XGAアンテナ

 

 

また給電同軸ケーブルの伝送路入力側で極性±反転(変換)して変形アイソトロン(Isotron)ANTとしても運用可能

 

 

 「JA7CIS=JI1XGA 独自同軸共振方式 定在波型アンテナ」は今後先輩諸氏にご理解いただけるものと信じております。

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 多くのみなさんの参加をお待ちしています。

AWARDホームはこちら     坂東太郎Part II  発行状況はこちら

 

 

 

(なお合併等で T-090 欠番

              栃木県塩谷郡藤原町

 

1. アワード有効交信期間 

2018年4月1日からの交信を有効とします。

(当面の間,終了日は設定しません。)

 

 

 

    アワードマネージャー

      JF1WQN  宮本 悟朗

        E-Mail : jf1wqn@jarl.com

アワードの規定及び申請書の様式は,下記のリンクからダウンロードしてください。アワードの申請はExcelファイルでの申請が要件となりますのでご注意ください。

また,アワードの対象地一覧は,アワード規定に含まれていますので,ご確認ください。

 

「坂東太郎Part II 」規定(PDF)   坂東太郎Part II 申請書(Excel)

 

 ハムログ用集計データ(mcsv)zip           坂東太郎Part II Q&A

2. ルールの概要

(1)基本 

 利根川流域の139市区町村のそれぞれ1局と交信し,交信証(QSLカード)を取得する。

 詳細については,「坂東太郎Part II」規定をダウンロードして必ずご確認ください。

 

(2)交信相手局

 交信相手局は,常置場所または設置場所から運用する固定局と移動局のいずれでも良しとしますが,以下の条件を満たすこととします。

a)交信相手局が固定局であって常置場所または設置場所が複数の市区町村に存在する場合は,そのうち

 のひとつの市区町村の交信だけを有効とし,複数の交信は認めません。

b)交信相手局が移動局の場合,同一局との交信は常置場所からの交信を含め最大10市区町村までとし,

 同一日の交信はひとつの市区町村に限定します。

c)  交信相手局が同一コールサインで固定局と移動局の両方で運用している局との交信を行なった場合,

 固定局の交信数が1市区町村で,移動局との交信数は最大9市区町村までとし,同一日の交信は一

 つの市区町村に限定します。

d)  全139交信の構成は,固定局との交信数が40交信以上,移動局との交信数は99交信以下であること

 とします。

e)交信相手局がリモート操作により運用している場合は,送信設備が設置されている市区町村を対象と

 し,オペレーターの所在地は対象としません。

f)アマチュア衛星,レピーターなどの中継設備の利用,VoIP通信などの公衆網接続による交信は認めま

 せん。

 

(3)申請局

 アワードの申請ができるアマチュア局は,日本国内で運用する局とし,以下を満たすこととします。

 SWL,海外局は対象としません。

a)移動局の場合は,常置場所からの運用を含め,国内のどこから運用しても構いません。

b)同一コールサインで常置場所または設置場所が複数の市区町村にある場合は,一つの市区町村の常置

 場所または設置場所で運用すること。

 リモート操作により運用している場合は送信設備が設置されている一つの市区町村で運用すること。

c)異なるコールサインを有する場合,本アワードはコールサインごとに申請すること。

d)アワードの申請は,一つのコールサインで一回だけとします。

 

(4)当クラブ(MLウェーブクラブ)の社団局との交信

 当クラブの社団局「JQ1YZD」との交信は,未交信の対象地に代用することができます。

a)JQ1YZDとの交信は,未交信の対象地に適用することができます。

b)JQ1YZDとの交信は,合計で40箇所までとし,固定局として扱います。

c)JQ1YZDと同一日に複数の交信を行なった場合,運用場所が異なる場合は,複数の対象地に代用でき

 るが,周波数,モードが異なるだけの場合は使えません。

d)JQ1YZDとの交信は,交信証(QSLカード)が未到着であっても本アワードを申請できます。

e)当クラブが8Jまたは8Nで始まる記念局を開設し運用した場合,その交信はJQ1YZDとの交信として本

 アワードに使用することができます。(2018年4月1日現時点では,当クラブは記念局の運用を行って

 いません。)

 

3. アワードの申請

(1)申請書

 アワードの申請にはExcelで作成した専用の申請書(交信ログリストを含む)を用いることとします。審査の都合上,これ以外の申請書は受け付けませんので注意してください。

 申請書は,ダウンロードするか,Eメールまたは郵送で請求してください。詳細は,アワード規定をご確認ください。

  

(2)特記事項

 アワードに記載する特記事項は,以下の項目です。

a)シングルバンド:アワードを単一の周波数帯にて完成した場合に使用した周波数帯を記載 

例:7Mhz,430Mhz

b)シングルモード:アワードを単一のモードにて完成した場合に使用したモードを記載

例:SSB,CW,FM

C)交信相手局  :全単独局(固定局と移動局が混在しているが,交信相手局139局を全て異なる局で

          完成した場合で,JQ1YZDの代用は一箇所だけとします)

         : 全固定局(交信相手局139局を全て固定局で完成した場合で,JQ1YZDの代用は

          40箇所まで含んでも良い)

         : 全単独固定局(JQ1YZDの代用を含まず,交信相手局139局を全て異なる固定局で

          完成した場合)

 

(3)申請方法

a)申請用Excelファイルの申請書とQSOログに必要事項,交信記録等を記入します。

b)E-Mailにて送付する場合は,E-Mailに申請用Excelファイルを添付して下記のアドレスに送付

E-Mail アドレス:jf1wqn@jarl.com

c)郵送の場合は,USBメモリーまたはCDに申請用Excelファイルをコピーし,「坂東太郎Part II」規定で

 指定する宛先に指定する方法で送付

 

(4)申請料  500円(定額小為替または口座振込)

a)申請料は,「坂東太郎Part II」規定で指定する銀行口座に振込むか,無記名定額小為替を「坂東太郎

 Part II」規定で指定する宛先まで郵送してください。現金や切手などは不可です。

b)申請料を口座に振込む場合,入金者の氏名に続いてコールサインを記入のこと。

c)申請料の入金確認後,または定額小為替が届いてから,アワードの申請受付を行います。

 

(5)審査時の問い合わせ

a)申請いただいた内容に疑義が生じた場合,E-Mailにて問い合わせを行いますので,1週間以内に

 E-Mailにて回答をお願いします。

 E-Mailが利用できない場合は,電話または郵便にて問い合わせを行いますので,10日以内に回答をお

 願いします。

b)このアワードは,交信証の取得が条件となっており,交信証の原本またはコピーを提出していただく

 ことがありますので,提出依頼があったときは2週間以内に提出してください。

 提出にあたり送料が発生した場合,送料は申請者の負担とします。

 また,提出いただいた交信証の原本は,賞状を送付する際に同封し返却しますが,コピーあるいは

 PDFファイル等の場合は返却しません。

c)問い合わせ後,期限内に回答がない場合は,申請を無効とします。

 ただし,期限内に回答できない明確な理由(例:出張中,入院中)がある場合は,理由と回答できる

 期限を連絡いただければ,回答可能な時期まで審査を保留します(連絡は代理の方でも可)。

 申請が無効となった場合,申請料から返却費用を差し引いた金額を切手にてお送りしますので,あら

 かじめご了承ください。

 

4. アワードに関する問い合わせ先

アワードマネージャー JF1WQN  宮本 悟朗 E-Mail :jf1wqn@jarl.com

a)E-Mailが利用できない場合は,切手を貼った返信用封筒を同封し郵便にて問い合わせください。

b)電話での問い合わせは,受け付けませんので,ご了承ください。

 

5対象地

交信対象地(1/2)


No
Code市区町

太郎-001
100121東京都..区
太郎-002
100122東京都葛飾区
太郎-003
100123東京都江.川区

No
Code市区町

太郎-004
12004C千葉県印旛郡栄町
太郎
12004D
千葉県印旛郡酒々井町
太郎-006
12006C千葉県.取郡神崎町
太郎-007
12006F千葉県.取郡東庄町
太郎-008
120101千葉市中央区
太郎-009
120102千葉市花.川区
太郎
120103
千葉市稲.区
太郎-011
120104千葉市若葉区
太郎-012
120105千葉市緑区
太郎-013
120106千葉市美浜区
太郎-014
1202千葉県銚子市
太郎
1203
千葉県市川市
太郎-016
1204千葉県船橋市
太郎-017
1207千葉県松.市
太郎-018
1208千葉県野.市
太郎-019
1211千葉県成.市
太郎
1212
千葉県佐倉市
太郎-021
1216千葉県習志野市
太郎-022
1217千葉県柏市
太郎-023
1220千葉県流.市
太郎-024
1221千葉県.千代市
太郎
1222
千葉県我孫子市
太郎-026
1225千葉県鎌ヶ谷市
太郎-027
1227千葉県浦安市
太郎-028
1228千葉県四街道市
太郎-029
1230千葉県.街市
太郎
1231
千葉県印.市
太郎-031
1232千葉県白井市
太郎-032
1233千葉県富.市
太郎-033
1236千葉県.取


No
Code市区町村
太郎-034
13004D埼.県北葛飾郡杉.町
太郎-035
13004E埼.県北葛飾郡松伏町
太郎-036
13006B埼.県児.郡上.町
太郎-037
13006C埼.県児.郡美.町
太郎-038
13006D埼.県児.郡神川町
太郎-039
13009C埼.県南埼.郡宮代町
太郎-040
1303埼.県熊谷市
太郎-041
1306埼.県..市
太郎-042
1307埼.県秩父市
太郎-043
1310埼.県加須市
太郎-044
1311埼.県本庄市
太郎-045
1314埼.県春日部市
太郎-046
1316埼.県羽.市
太郎-047
1317埼.県鴻巣市
太郎-048
1318埼.県深谷市
太郎-049
1321埼.県草加市
太郎-050
1322埼.県越谷市
太郎-051
1332埼.県久喜市
太郎-052
1334埼.県.潮市
太郎-053
1337埼.県三郷市
太郎-054
1340埼.県幸手市
太郎-055
1343埼.県吉川市
太郎-056
1346埼.県白岡市


5.交信対象地(2/2)


No
Code市区町

太郎-057
14001E茨城県稲敷郡阿.町
太郎-058
14001G茨城県稲敷郡河内町
太郎-059
14001I茨城県稲敷郡美浦村
太郎-060
14003A茨城県北相馬郡利根町
太郎-061
14005A茨城県猿島郡五霞町
太郎-062
14005B茨城県猿島郡境町
太郎-063
14014C茨城県結城郡.千代町
太郎-064
1403茨城県.浦市
太郎-065
1404茨城県古河市
太郎-066
1405茨城県石岡市
太郎-067
1407茨城県結城市
太郎-068
1408茨城県龍ヶ崎市
太郎-069
1410茨城県下妻市
太郎-070
1417茨城県取手市
太郎-071
1419茨城県牛久市
太郎-072
1420茨城県つくば市
太郎-073
1422茨城県.嶋市
太郎-074
1423茨城県潮来市
太郎-075
1424茨城県守谷市
太郎-076
1427茨城県筑.市
太郎-077
1428茨城県坂東市
太郎-078
1429茨城県稲敷市
太郎-079
1430茨城県かすみがうら市
太郎-080
1431茨城県桜川市
太郎-081
1432茨城県神栖市
太郎-082
1433茨城県.方市
太郎-083
1434茨城県鉾.市
太郎-084
1435茨城県常総市
太郎-085
1436茨城県つくばみらい市
太郎-086
1437茨城県小美.市

No
Code市区町

太郎-087
15004C栃木県河内郡上三川町
太郎-088
15005C栃木県塩谷郡高根沢町
太郎-089
15005F栃木県塩谷郡塩谷町
太郎-090欠番欠番
太郎-091
15006C栃木県下都賀郡野木町
太郎-092
15006D栃木県下都賀郡壬.町
太郎-093
15008A栃木県芳賀郡市貝町
太郎-094
15008C栃木県芳賀郡芳賀町
太郎-095
15008D栃木県芳賀郡益子町
太郎-096
15008E栃木県芳賀郡茂木町
太郎-097
1501栃木県宇都宮市
太郎-098
1502栃木県.利市
太郎-099
1503栃木県栃木市
太郎-100
1504栃木県佐野市
太郎-101
1505栃木県.沼市
太郎-102
1506栃木県日光市
太郎-103
1508栃木県小.市
太郎-104
1509栃木県真岡市
太郎-105
1514栃木県さくら市
太郎-106
1516栃木県下野市

No
Code市区町村
太郎-107
16001B群馬県吾妻郡草津町
太郎-108
16001C群馬県吾妻郡高.村
太郎-109
16001F群馬県吾妻郡嬬恋村
太郎-110
16001G群馬県吾妻郡.野原町
太郎-111
16001H群馬県吾妻郡中之条町
太郎-112
16001I群馬県吾妻郡東吾妻町
太郎-113
16003A群馬県邑楽郡板倉町
太郎-114
16003B群馬県邑楽郡邑楽町
太郎-115
16003C群馬県邑楽郡.泉町
太郎-116
16003D群馬県邑楽郡明和町
太郎-117
16003E群馬県邑楽郡千代.町
太郎-118
16004A群馬県甘楽郡甘楽町
太郎-119
16004B群馬県甘楽郡下仁.町
太郎-120
16004C群馬県甘楽郡南牧村
太郎-121
16005D群馬県北群馬郡吉岡町
太郎-122
16007D群馬県佐波郡.村町
太郎-123
16009F群馬県多野郡上野村
太郎-124
16009G群馬県多野郡神流町
太郎-125
1601群馬県前橋市
太郎-126
16010A群馬県利根郡.品村
太郎-127
16010B群馬県利根郡川場村
太郎-128
16010C群馬県利根郡昭和村
太郎-129
16010I群馬県利根郡みなかみ町
太郎-130
1602群馬県高崎市
太郎-131
1603群馬県桐.市
太郎-132
1604群馬県伊勢崎市
太郎-133
1605群馬県太.市
太郎-134
1606群馬県沼.市
太郎-135
1607群馬県館林市
太郎-136
1608群馬県渋川市
太郎-137
1609群馬県藤岡市
太郎-138
1610群馬県富岡市
太郎-139
1611群馬県安中市
太郎-140
1612群馬県みどり市